前髪が薄くなりおでこが広くなる女性男性型脱毛症の可能性も

おでこはある程度なら広くても構いませんが、以前と比べて明らかに広くなっている場合は女性男性型脱毛症の可能性があります。女性男性型脱毛症の特徴は前頭部の抜け毛が増えることで、テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素によって、ジヒドロテストステロンに変性することが原因と言われています。

脱毛ホルモンとも呼ばれるジヒドロテストステロンは、ヘアサイクルを乱して髪の成長期を短くする性質を持っているので、成長途中で髪が抜けることで薄毛が引き起こされます。男性ホルモンは女性にも分泌されるものですが、普通の状態であれば女性ホルモンの方が分泌量が多いため影響を受けることはありません。

ですがストレスや疲労の蓄積、加齢などによって女性ホルモンの分泌量が減少すると、男性ホルモンが優位になって女性男性型脱毛症が起こりおでこが広くなることがあるのです。

re_lp

ニュートリションエッセンスは、このような女性男性型脱毛症にも効果的です。その理由は、ニュートリションエッセンスに使用されている、たくさんの海藻類です。

ニュートリションエッセンスにはもずくやわかめ、昆布、アオサなどの海藻類が原料として使われていますが、海藻類にはミネラルが豊富に含まれています。

女性ホルモンを分泌したり正常に働かせるためにはミネラルが必要不可欠です。

海藻類は海のミネラルをたっぷり含んでいますから、女性ホルモンの分泌を促進して男性ホルモンの影響を阻害出来るので、おでこの広さが気になる女性はニュートリションエッセンスを使ってケアするのがオススメなのです。
re_lp2

ニュートリションエッセンスは無添加なの?

女性用育毛剤を選ぶ場合、もっとも重要となるのは添加物の有無かもしれません。添加物は配合されている成分を安定させたり、保管しやすくするために必要なものですが、それでも有効成分ではありませんから配合されていると髪や頭皮にダメージや刺激となります。

ですので、ほとんどの育毛剤では無添加となっているものの、実際のところ無添加といっても添加物が一切入っていないわけではないのです。添加物には実にたくさんの種類がありますが、極端に言うと数ある添加物を1つでも使っていなければ無添加となります。

ちょっとややこしいですが、例えば着色料や石油系合成界面活性剤を使っていても、添加物に指定されている防腐剤が入っていなければ「無添加」と表示できるのです。つまり、無添加となっている商品であっても、すべての添加物が使われていないということではないのですね。

コンシャススカルプニュートリションエッセンスも同様で、完全に無添加ではありません。ただ、これはどんな無添加育毛剤でも同じことで、逆に添加物を使わなければ商品はすぐに腐ってしまいます。
ここで大事なのは、髪や頭皮に負担をかける添加物が入っていないことです。コンシャススカルプニュートリションエッセンスは、防腐剤であるパラベン、界面活性剤、合成着色料、合成香料がフリーです。これらの添加物は頭皮に刺激を与えて炎症を引き起こしたり、環境を悪化させる要因となります。ですので、育毛の邪魔をする添加物は入っていないという考え方であれば、コンシャススカルプニュートリションエッセンスは無添加と言えるでしょう。

最新キャンペーン情報はこちら

<< 最終更新日 2016/12/08 >>